ライフスタイル

職場で苦手な上司・同僚との上手い付き合い方とは?

どんな職場にも自分と意見が合わない、性格が合わない方は少なからずいると思います

会社というものは色々なタイプの人がいますし、社会というのは色々な人の力で成り立っています

かといって自分自身に関わりのある上司や同僚で合わないなと感じる人ともうまく付き合っていくことが社会人として要求されます

最近ではパワハラやセクハラのようなハラスメントに厳しい社会となっていますので、そのような理不尽な扱いを受けるようであれば転職などを考えるのが手っ取り早い方法となりますが、すべてのケースでそれが相応しいとは言えません

大人として苦手な相手ともうまく付き合って行く必要があります

しかし、どのように付き合っていけば良いのかわからなくなってしまう事もありますよね

そこで、数々の定期的な転勤や転職をした筆者の経験で苦手な上司・同僚との付き合い方について書いていきたいと思いますので皆様の参考になればと思います

苦手な上司が職場にいると憂鬱な気持ちになりますよね。

苦手な相手と上手く付き合っていく方法

苦手な人ほど自分から

まず初めに苦手な人に程、避けずに自分から向かって行きましょう

嫌な上司や合わない同僚とは出来るだけ距離をとって絡みたくありません

これは誰しも思う事です

友達を選ぶように職場でもストレスを減らすためにその原因となるかもしれない人と関わるのは気が引けてしまします

しかし、会社では仕事を進める上で嫌だなと思う相手とも協力していかなければならない場面が必ずありますよね

そんな時こそ「自分から相手に近づいてみる」ということを試して下さい

嫌な相手を避ければ避けるほど益々近寄りがたくなってしまいます

自分から近づいてみることによって、「どのようにあの人を避けようか」とかを考える必要がなくなります

過度に気を使わない

次に嫌な相手に過度な気を使わないことです

関わりたくない相手だからといって気を遣う必要はありません

他の同僚と同じように一人だけ特別にならないように接することが大切になります

嫌な相手に気を使ってしまうと、ただでさえ自分と合わない人と関わらなければならないのにそれにプラスして気を使ってしまうと余計なストレスになってしまいます

何よりも大切なことは職場ではストレスの種を増やさないことにあります

自分のストレスを減らすためには職場での自分というキャラクターを作ってみるのもいいよ

相手を知ることも必要

これまでに述べたように苦手な相手、関わりたくない相手にも自分から向かっていき決して特別扱いをしないと説明をしてきましたが、相手の事をしっかりと理解することも大切です

相手がどのような考えで、どのように仕事を進めているのかを理解することで自分と合わない部分が見つかります

もちろん、多種多様な世の中で合わないということは当然のことです

だからこそ相手のことを知る事で自分にないものと掛け合わせてより良く仕事を進めることができるかもしれません

苦手な上司には前向きな言葉を

最後に苦手な上司の前では出来るだけ前向きな言葉で接してみましょう

何か失敗したことが起きた場合、誤るのは当然のことですがネガティブな言葉で会話をすると余計に空気も悪くなってしまいますし、失敗が目立ってしまいます

それよりも前向きな言葉で接することによって相手側も失敗したことに固執しなくなる傾向もあります

「次回はこのような方法で行います」「今回の件でこのような改善点を見つけられました」

などの今後のステップアップとなるようなポジティブ発言をすることで上司もまた期待を持ってくれるでしょう

現に、筆者自身も部下の失敗に関しては失敗した後の言葉を重要視しておりました

ポジティブな発言をする子はまた仕事を任せても良いかなと思ってしまうからです

仕事以外でも、人間的に嫌だなと思う上司に対してもポジティブ発言効果はあります

明るく前向きな発言をすることで上司も印象が変わるでしょう

職場でのストレスを減らすためにもこのような方法を参考として上手く人間関係を築いてみましょう

合わない人とどの様に接するかを自分なりの方法も見つけてみましょう

  • この記事を書いた人

管理人

【名前】管理人 【年齢】80年代生まれ 【住まい】九州地方 【趣味】国産車から外国車まで幅広いバイクのジャンルを所有した経験あり。現在はFXDCとGSX750の2台オーナー。