ライフスタイル

静岡県で犬と触れ合い遊べるエリア

愛犬の駅 伊豆高原は静岡県で犬と遊べるエリア

グループ旅行 | イベント・キャンペーン情報 | 【公式】アンダリゾート伊豆高原 | 貸切温泉露天風呂ホテル (andaresort.jp)


静岡で犬と触れ合う場所となりますと、愛犬の駅 伊豆高原が挙げられます。

このスポットは野外ドッグランに室内ドッグランを備えているアクティビティ型の施設で、飲食施設も併設されている犬と遊べるエリアです。

利用料が徴収されますがおすすめできる施設でその理由は愛犬にお見上げとしてグッズを購入できる点、伊豆の特産品を購入できるというペットと人間の両方を満足させるお店なんかがある点がおすすめできるスポットになります。

このエリアは、利点においては、室内ドッグランがあるため、雨に濡れる心配はない点で、かつ飲食店やお店がある点がポイントになり、愛犬の駅周辺にお店が形成されていてそれらお店がワンちゃん向けのお店になっている点がポイントです。

反面に難点としては、入場料が人間350円ペットである犬側に800円と設定されていて、ドックランは有料である点、他のアクティビティについても有料である点が挙げられていて、駐車場などを利用した場合、駐車場代も必要であるという点が難点となっている点が挙げられています。

ただ、マッサージアクティビティなどもある上、人間とペット向けのアクティビティが完全に別れている点もあるため、人間側がアクティビティを楽しんでいる間ペット側もペット側でアクティビティを楽しめるという方向性がありますのでサービスは人間とペット側ともに有料の物がありますがペットとの触れ合いを意識している施設でしょう。

ドッグラン 駿河湾沼津上り

引用:新東名高速道路 駿河湾沼津SA(上り:東京方面)ドッグラン | しずおかわんわんさんぽ (web-pallet.com)


静岡で犬と触れ合える場所ですがドッグラン 駿河湾沼津上りというサービスエリアがあるあたりにあるドックランもおすすめの犬と触れ合える場所です。

このエリアは無料開放のエリアで水道のほか、ペットが出した糞を改修する専用ボックスも完備されており、目の前にペットショップおよびドッグカフェがあるため、かなり利便性が高いおすすめのスポットです。

このエリアは、ワンちゃんの安全と健康に徹底しているため、夏場はミストが放出されていて熱中症の対策をしていたりと徹底した安全管理がされているドッグランになります。

ちなみに、大型犬用ゾーンや小型犬ゾーンという風に分けられている点も特徴で、分けられたエリア内でペットを遊ばせるという方向になり、飼い主側はペットが無茶をしないように監視する必要性はあります。

この施設は公共施設のようなものなので、施設内にあるワンちゃんの足を洗う水道なんかも無料です。

ただ、マナーがかなり重要視されるエリアでマナーが悪いとほかの方に迷惑になりますので注意が必要です。

無料だからという理由でマナー違反な行為をするとこのドッグランでは週に何回かマナー教室という物をペットに向けて行っているという情報もあるため、ペットの教育をしている方々に対しても迷惑な行為になるため、マナーが重要なエリアとなります。

足柄ドッグラン COCO


静岡で犬と触れ合う場所ですが、足柄ドッグラン COCOがあります。

このドッグランは一体が芝生で、入場料を一匹当たり500円支払うと入場できるドッグランです。しかもこのドッグラン、イベントをしたいと思った場合、自分が主催者になりイベントをすることも可能で貸し切り利用にするとエリアごとに自分でイベントを開催してビジネスをしてもよいというエリアになっています。

ちなみに、貸し切りをする場合、足柄ドッグラン COCO側が設けてあるルールに従い貸し切りという形になりますので芝生を傷つけるような行為はNGです。

そして、火を使用することについても貸し切りでドッグランを借りている人のみが火を使用することが許されますので、通常の一般利用者でワンチャンと一緒にドッグランを通常通り使用している場合費を使用することは許されず、火を使用できるのは貸し切り料金でレンタル代金を払った代表者のみが責任をもって火を扱うという規約になります。

HOME - 足柄ドッグランCOCOページ! (jimdofree.com)

ですが、規約を守れば、パーティーをすることも可能なため、ワンチャンとの触れ合いを意識したパーティーを開催することも可能なので、商業利用できる足柄ドッグラン COCOはワンちゃんと触れ合うことを可能としていて、かつワンちゃんとの触れ合いをビジネス化可能なエリアになります。

よって、気を付けるべきことについては、足柄ドッグラン COCOにおいては規約を守ることが重要で規約を破った場合罰則がある点が注意すべく点です。

  • この記事を書いた人

管理人

【名前】管理人 【年齢】80年代生まれ 【住まい】九州地方 【趣味】国産車から外国車まで幅広いバイクのジャンルを所有した経験あり。現在はFXDCとGSX750の2台オーナー。