ライフスタイル

犬にガムは必要?その効果と与えるメリット、デメリット

犬用ガムの目的

犬用ガムは、犬の口腔衛生を促進するために開発された製品です。

犬は、食事や遊びで口の中に異物が入り、それが歯垢や歯石の原因となっています。

歯垢や歯石は、犬の口臭や歯周病、歯の脱落などの健康上の問題を引き起こすことがあります。

犬用ガムには、歯垢や歯石を除去するための成分が含まれています。

これらの成分には、食塩や炭酸カルシウム、シリカなどがあります。

これらの成分は、歯垢や歯石を柔らかくして取り除きやすくする働きがあります。

また、犬用ガムには、歯周病の予防に役立つ成分が含まれることがあります。

例えば、キシリトールやクロロフィルなどがあります。

これらの成分は、口腔内の細菌を減少させ、歯周病の発生を防ぐ効果があります。

犬用ガムには、歯磨きやブラッシングが困難な場合にも、簡単に口腔衛生を促進することができるという利点があります。

また、犬用ガムは、犬の噛むことで歯茎をマッサージすることができ、歯周病の予防にも役立ちます。

ただし、犬用ガムを与える際には、以下の点に注意する必要があります。

まず、犬用ガムは、犬が咀嚼して飲み込めるような大きさのものを選ぶ必要があります。また、犬用ガムは、消化器官に詰まることがあるため、与えすぎには注意する必要があります。

さらに、犬用ガムは、犬によってはアレルギーを引き起こすことがあるため、与える前には医師や獣医師に相談することが望ましいです。

犬用ガムは、犬の口腔衛生を促進するための重要なアイテムです。適切な種類や量を与えることで、犬の歯や歯茎の健康を維持することがで

犬用ガムの種類

歯の健康促進ガム

歯石や歯垢の除去、歯茎の健康維持に効果的なガムです。一般的に、ガムの形状やテクスチャーによって歯石の除去や歯の磨き上げ効果があります。また、一部のガムには歯茎を健康に保つ成分や口臭予防効果があるものもあります。

噛むことによるストレス解消ガム

噛むことでストレスを解消する効果があるガムです。犬は噛むことによってエネルギーを発散し、リラックスすることができます。このタイプのガムは、咀嚼によるストレス解消や歯の健康促進を目的としています。

味覚刺激ガム

犬が美味しく楽しめるフレーバーが付いているガムです。犬の好みや食欲を刺激し、食事の満足感を与える役割があります。さまざまなフレーバーやテイストがあり、犬の好みに合わせて選ぶことができます。

デンタルケアガム

歯の健康維持と同時に口臭予防や歯周病予防にも効果があるガムです。デンタルケアガムには、抗菌成分や歯垢の軽減効果のある成分が含まれていることがあります。定期的な使用によって歯の健康をサポートし、口臭の改善にも寄与します。

ナチュラルガム

天然素材を使用した犬用ガムで、人工的な添加物や防腐剤を含まないものです。ナチュラルガムは、アレルギー反応の心配がある犬や、より自然な食品を好む飼い主に人気があります。主にオーガニックな成分で作られ、安全性と健康への配慮が特徴です。

犬用ガムのデメリット

犬がガムを噛むことにはいくつかのデメリットが存在します。

窒息の危険性

犬が大きなガムを噛み砕いたり、一度に大量のガムを飲み込んだりすると、窒息の危険性があります。特に小型犬や咀嚼力が弱い犬にとっては注意が必要です。

消化器の問題

ガムが消化器に詰まることによって、消化器のトラブルを引き起こす可能性があります。ガムの一部が胃や腸内に残った場合、消化不良や腸閉塞のリスクがあります。

歯に損傷を与える可能性

適切なサイズや硬さのないガムを与えると、犬の歯に損傷を与えることがあります。硬すぎるガムは歯を欠けさせたり、歯垢や歯石の除去に適さない場合もあります。

アレルギー反応

ガムに含まれる材料にアレルギーを持つ犬にとっては、ガムを噛むことがアレルギー反応を引き起こす可能性があります。特に人工的な添加物や香料が含まれているガムは、アレルギーの原因となることがあります。

過剰摂取のリスク

過剰にガムを与えると、犬が過剰な消化を行い、胃腸の負担を引き起こす可能性があります。また、ガムに含まれる成分によっては、過剰摂取が中毒症状を引き起こすことがあります。

以上が、犬がガムを噛むことによる一部のデメリットです。これらのリスクを最小限に抑えるためには、適切なサイズと硬さのガムを選び、犬がガムを飲み込むことのないように注意する必要があります。犬の個体差や健康状態に基づいて、獣医師と相談しながらガムを与えるかどうかを判断しましょう。

ガム選びは愛犬に合ったものを

犬用のガムには、犬の健康維持のためにとても有効とされているおやつですが、色々と注意する必要があります。

昨今では、様々なガムが販売されておりますが、特に注意が必要なものは「素材」になります。

人気が高い「鹿の角」なども噛み応えがありワンちゃんがとても喜ぶおやつではありますが、鹿の角は天然ものとなりますので、ワンちゃんが噛んだ際の「裂け方」に注意が必要です。

骨等は噛んだ際にボロボロと小さくなってくれれば良いのですが、砕け方によっては先端が尖ったり大きく砕けて呑み込みやすくなったりします。

そのことにより、のど詰まりや内臓を傷つける恐れがあります。

また、愛犬の大きさや噛む力によってもガムを変えていく必要があります。

素材に関しても、ほとんどのガムは牛皮を使用して製造されております。

牛皮は消化があまり良くない素材ではありますが、1日の給与量を守って与えれば時間をかけて消化されます。

よって、原材料・製法に注意しながら愛犬に合ったガムを見つけてもらえればと思います。

ペットフード製造業者だからオススメ出来る犬用ガム4選

  • この記事を書いた人

管理人

【名前】管理人 【年齢】80年代生まれ 【住まい】九州地方 【趣味】国産車から外国車まで幅広いバイクのジャンルを所有した経験あり。現在はFXDCとGSX750の2台オーナー。